墓じまいや仏壇の処分後は有限会社オフィスグラスの愛偲手箱~墓じまいが増えている理由や片付けの値段とは?

お墓は「未来永劫守っていかなくてはいけないもの」と思っていませんか?現代の核家族世帯では、お墓を守ることが大変厳しいため、何とか片付けたいと思っている方も少なくありません。

ここではお墓を順序立てて処分する「墓じまい」についてご説明いたします。お墓や受け継いだ仏壇を片付けたい、また値段はどのくらいだろうとお考えの方は、ぜひ参考になさってください。

墓じまいとは?墓じまいにかかる値段

荒れたお墓

墓じまいとはお墓から遺骨を取り出し、お墓自体を解体・処分することです。取り出した遺骨は手元供養をしたり、永代供養をしたりと供養方法は様々です。厚労省の調べによりますと、墓じまいを希望する方は年々増加傾向にあり、今後も増えることが確実視されています。

これまでは何とか受け継いできたお墓でも、次の世代に継承者がいないとなると、無縁仏になってしまうかもしれません。無縁仏となると管理する人がいない状態のため、お墓は荒れ放題になってしまいます。

墓じまいをしたいけれど、値段が気になって…ということもあるでしょう。墓じまいには墓石を撤去して更地にする費用と新しい納骨先の費用がかかります。墓石の撤去・更地代は、1㎡あたり10万円~15万円ほどが目安となります。その他、閉眼法要のお布施やお世話になったお寺に離檀料が必要な場合もありますので、確認しておきましょう。新しい納骨先への費用は、どういった供養を選ぶかによってその値段は大きく異なります。手元供養や永代供養など内容も様々ですので、ライフスタイルに合わせた方法を選ぶとよいでしょう。

墓じまい後に手元供養をご希望なら、有限会社オフィスグラスの愛偲手箱をご利用ください。

墓じまいが増えている理由

お墓の前で合掌する女の子

これまで、先祖代々のお墓はその家の長男が守るものと考えられていましたが、徐々に人々の考え方も変わり、墓じまいをする人が増えています。

継承者がいない

核家族化が進む中、出産率も大きく低下しています。子供がいたとしても女子だけの場合は他家に嫁ぐため、お墓を継承する人がいないという事態になります。

遠方に住んでいる

子供は都会へ出ているため、お墓を守るのが難しいということも多くあります。時には、親の代から都会に出てきているため、ほとんどお墓には行ったことがないということも珍しくありません。

お金がかかる

お墓を維持するにはお金がかかります。少子高齢化が進む日本では、税金も高く不景気なことも多いため、お墓にまでなかなかお金が回らないケースも多いです。また、お墓が遠方にある場合、お参りするだけでも高額の交通費が必要になることも大きな負担となります。

関心がない

ひと昔前までは、お墓を守ることは当たり前で、お墓参りも頻繁に行われていましたが、生活環境や時代の変化でその価値観にも変化が表れ、義務感が薄くなっているようです。

今の生活を守るのが精いっぱいで、お墓参りや維持費にまでお金や時間が回らないこともあるでしょう。とはいえ、放置して無縁仏にしてしまうのは心苦しく、次の代へ迷惑をかけたくない…。これらの理由で墓じまいを選ぶ人が多く、今後も増え続けていくことが予想されます。

墓じまい後の供養には有限会社オフィスグラスの愛偲手箱をご検討ください。

仏壇の処分・片付け後は有限会社オフィスグラスのポータブル仏壇・愛偲手箱を

墓じまいが増加しているように、従来の大きな仏壇を処分・片付けする人も多く、よりコンパクトな仏壇の需要が伸びています。有限会社オフィスグラスのポータブル仏壇・愛偲手箱なら、置き場所に困ることはありません。閉じると本棚に片付けることができ、持ち運ぶことも可能です。故人を身近に感じたい人、いろいろなものを処分し、身軽になりたい人、お墓や仏壇が遠方でお参りをすることが難しい人など、愛偲手箱は多くの人に選ばれています。ご不明な点やご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

現代の仏壇事情について

墓じまいや仏壇の処分をしたら有限会社オフィスグラスの愛偲手箱

会社名 有限会社 オフィスグラス
取締役社長 芝﨑 麻由美
住所 〒101-0031 東京都千代田区東神田3丁目5−6
TEL 03-5687-7023
FAX 03-5687-7038
E-mail office.grass@shibasaki.jp
URL https://shibasaki.jp/
Facebook https://www.facebook.com/aisaitebako/