手元供養の仏壇はご遺髪の保管も可能な有限会社オフィスグラスの愛偲手箱 シンプルで持ち運びにも~手元供養と方法について

核家族化や住環境の変化で、お墓を持たない手元供養を希望される方が増えています。また従来の仏壇は大き過ぎると、持ち運びのできるシンプルな手元供養を選ばれる方も少なくありません。

ここではポータブル仏壇・愛偲手箱(あいさいてばこ)の有限会社オフィスグラスが手元供養の考え方と、方法についてご紹介いたします。手元供養のための仏壇をお探しの方はぜひ参考になさってください。

手元供養について

合掌する3人の女性

手元供養とは、分骨したお骨を手元に置きながら、故人を供養することです。いろいろな事情でお墓や仏壇を持たない人が増えていますが、故人を思い、手を合わせる場所として手元供養は広がりをみせています。

手元供養をすることで、

  • 悲しみを和らげる
  • 故人をいつも身近に感じられる

と感じる方も多いです。

また、手元供養は、

  • 故人らしさや自分らしさを表現できる
  • 宗派を問わない
  • オシャレなデザイン
  • 場所をとらない
  • 持ち運びが可能

などメリットも多く、時代の変化に添った供養の方法といえます。

遺骨を持っていても大丈夫?と心配されるかもしれませんが、故人の遺骨を自宅で保管することは法的に何ら問題がありません。また、分骨をすると成仏できないなどと昔はいわれることもありましたが、全くの俗説です。(お釈迦様も分骨されています)

「お墓が遠くてお参りが大変」「子供や孫に迷惑をかけたくない」「とにかく遺骨・遺髪をそばに置いておきたい」「様式ではなく自分らしい祈りの空間が欲しい」などでお悩みの方は大勢いらっしゃいます。手元供養は、これらの悩みをすべて解決できるだけでなく、傷ついた心を癒し残された家族の力にもなるでしょう。

手元供養の仏壇なら有限会社オフィスグラスの愛偲手箱(あいさいてばこ)

手元供養の方法とは?

数珠

手元供養をする時の流れについてご紹介いたします。

1.親族に了承を得る

後々揉めることのないように、一人では決めず、親族の了承を得るようにしましょう。

2.全骨か分骨か決める

手元に遺骨を残す際には、全部を残す全骨か、墓地や寺院へ納骨したうえで一部だけを残す分骨があります。手元にどのくらい遺骨を残したらいいのか、家族で話し合いましょう。

※全骨の場合は、関東で7寸か8寸、関西で5寸か6寸の骨壺が必要となります。

3.手元供養の内容を決める

手元供養にはいろいろな方法があります。仏具店で相談したりネットで検索したりするとよいでしょう。内容によっては時間がかかるので、業者に遺骨の送り方や製作日数などを確認するようにしましょう。

4.手元供養の置き場所を考えておく

手元供養品を購入する、もしくは届く前に、必ず置き場所についても考えておきましょう。手元供養なので、それほど大きな場所は必要ありませんが、場所によっては大き過ぎ、小さ過ぎなどバランスが悪いことも考えられます。家族が納得のできる祈りの場所を用意しておきましょう。

5.手元供養を始める

商品が届いたら、手元供養を始めましょう。骨壺を開けたり、遺骨や遺髪を分けたりする作業は、悲しみを伴い負担がかかります。できるだけ四十九日などで家族が集まる時に行うとよいでしょう。

遺骨や遺髪も収納可能な仏壇・愛偲手箱(あいさいてばこ)はシンプルで持ち運びも可能

故人を身近に感じたいと手元供養を選ぶ人も多く、供養品の種類も豊富です。ミニ仏壇だけでなく、ペンダントなどのアクセサリーやぬいぐるみなどもあります。シンプルで一見して遺骨が入っているとわからないものも多いので、常に側に置いていても違和感がありません。シンプルで持ち運びの可能なポータブル仏壇の愛偲手箱にはご遺骨だけでなく、ご遺髪の収納も可能です。愛偲手箱をご希望の方は有限会社オフィスグラスまでお気軽にお問い合わせください。

現代の仏壇事情について

手元供養の仏壇をお探しの方は有限会社オフィスグラスへ

会社名 有限会社 オフィスグラス
取締役社長 芝﨑 麻由美
住所 〒101-0031 東京都千代田区東神田3丁目5−6
TEL 03-5687-7023
FAX 03-5687-7038
E-mail office.grass@shibasaki.jp
URL https://shibasaki.jp/
Facebook https://www.facebook.com/aisaitebako/