博多織シリーズ

商品ラインナップ

閉じればすぐにコンパクトなバインダー型になる、持ち運びにも便利なポータブル仏壇です。
本体に上質な本革を、内側に格調高い「博多織」を使用。美しい亀甲柄の3色からお選びいただけます。

博多織(黒)270,000(税別)購入する

博多織(白)270,000(税別)購入する

博多織(赤)270,000(税別)購入する

  • ご遺骨やご遺髪を入れられるカプセル4個付き。
  • 家族の写真など、大切な思い出を保管できる内ポケット付き。
  • 閉じればバインダー型になり、本棚などに立てて収納できます。

博多織とは

鎌倉時代の1235年、博多織の始祖である33歳の満田弥三右衛門は、聖一国師と共に南宋(中国)明州へ向け、博多の津を出発。
宋に6年間滞在し、「織物」「朱焼」「箔焼」「素麺」「じゃこう丸(丸薬)」の5つの製法を修得し、1241年に博多の津に帰ります。
弥三右衛門はこれらの製法を博多の人々に伝えましたが、織物の技法だけは家伝とし、「広東織」と称して独自の技術を加えながら伝えていきました。

さらにその250年後、弥三右衛門の子孫・彦三郎が再び明へ渡り、織物の技法を研究。
帰国後は竹若伊右衛門と共に改良を重ね、琥珀織のように生地が厚く、浮線紋や柳条などの模様の浮き出た織物を作り出しました。
そしてその織物が作られたこの土地・博多の地名をとって、「覇家台織」(はかたおり)と名付けられたと伝えられています。

除けの歴史を持つ博多織に子孫繁栄の願いを込めて

江戸時代には筑前藩から幕府への献上品だった博多織。

その帯地の文様は、仏具である独鈷(どっこ)と華皿(はなざら)を図案化したもので、献上柄と呼ばれていました。
独鈷華皿には魔除けや厄除けの願いが込められていたことが、博多帯が「悪縁を切る」「魔除けになる」と今も言い伝えられるゆえんです。

本品の博多織は、伝統工芸士を有する工房で「愛偲手箱」専用に織り上げられました。
亀甲柄は長寿のシンボルである神獣の「玄武」から意匠され、六角形の連続模様であることから伝統的に「子孫繁栄」を願って使用されてきた柄。
ご愛用者とご家族の、末永く続く幸せへの願いを込めた一品となっております。